2006年07月26日

web2.0

更新する気無いって昨日書いたのにちょっと気になる事もあってか、ちょっとだけ。
大半僕の妄言と偏見が混じってるだろうけどそこはスルーでお願いします。

とりあえず2記事かな。
herehere、web2.0の形式について。

>この対応策として山口氏は「企業を低コスト体質にする」「高い金額を支払うユーザーを狙う」
>「収入源を変える」という3つのアイディアを提示した。
ローコスト、ハイリターンの理屈の集大成は課金アイテム、段階式と呼ばれるシステムですかね。

>具体的には「開発部門を切り離し、自社はポータル運営に徹する」
>「アイテム課金や段階的課金を導入し、一部の高い料金を取る」
>「ゲーム内広告などの間接収入を狙う」などである。

日本国内の鯖設置代が幾らなんだか調べてないんですが、
海外鯖より相当高いんでしたっけ、と思いつつ。

思うに、MMOにアイテム課金形式は果たしてbetterとなるか、というと
やっぱ何処かで懸念を感じてしまうのが現実なんですよね。
アクション、FPSの類辺り(Gunzとか)ならば良いのかもしれませんけど。
あまりにも格差を感じると何か辛さを感じてくるような。

まぁ言いたいことは、ゲームを「ゲームの枠」だけに閉じ込めるのは
どうなんだろうって事ですよね。
posted by blarage at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記/独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイテム課金が生きるのは、内容にも寄りますが基本使用料無料ってのが必須条件ですよね。
テスター(無料期間)からの有料化は結構ユーザー離れるんで今後なくなるとして、アイテム課金が優劣を決めるとなるとゲームとしては終わってる気がするんで、やっぱアイテム課金はベストじゃないと思いますね。
本来ゲームには必要ない遊び心ってのがユーザーを飽きさせない手じゃないですかね〜。
Posted by 鏡花 at 2006年07月27日 10:58
単に僕が今のGRO嫌い、ってか期待薄いのと、
現状では日本はアジア系MMO(悪く言うならば量産型MMO)の系統と化しつつあるというのが現状で、元々日本家庭用ゲーム等にあった
一種の「遊び要素」が減っちゃってるんですよね。

グラについてはとりあえず人それぞれって事でFAにしても、
内容スカスカなのは頂けないなと。


って事で、開発部が皆牛乳飲んでないに1票を。


まぁ、普通に閲覧してくれてる辺り驚いたなんて言えませんよね。
Posted by blarage at 2006年07月29日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21408746

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。